肺腫瘍の発見

レントゲン検診で右の肺に白い陰が。。。検診の先生は良性なのか悪性なのかは判りませんと言われ、胸部CT検査を薦められました。

* ポイント  肺に陰があることがわかったので、この陰の性質を更に詳しく調査する事が大切→とりあえずCT(造影剤なし)

いろんなブログで肺癌の症状に関して記載があるのですが、最近の肺癌はほとんど症状が無いのです。肺癌が相当進んでいるか太い気管支に存在しないと症状は出ません。だから、咳や痰も無いし、発熱も無いし、痛くもないし肺癌であるはずがないと思っている人がいればそれは大きな間違いです。だから肺癌が見つかる契機は健康診断や検診のことが多いのです。逆に、肺気腫などで在宅酸素療法などを受けられておられる方などは必ず定期的に胸部X線写真やCTをチェックされていますので肺癌は見つかりやすいといえます。

 

次にやはりCT検査を施行しました。洞窟の中へ入る検査です。しかしかなり早く終わりました。息を吸って~止めてくださいの音声指示がありました。

* ポイント  肺の影がどういう形状なのか、リンパ節は腫れていないのかを確かめる検査がCT検査です。レントゲン検査を行わずにCT検査からやる検診もありますが、CT検査は高額なので現実的にはレントゲン検査で異常があった人しかしないことが多いです。ただ、レントゲン検査で見逃す場合も多いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です